Monthly Archives: 6月 2014

「ICT教育」の意味とは。

まず「ICT」とは、IT技術の総称で特に公共の分野で使われる用語です。

「ICT教育」とは、このIT技術を教育の現場に取り入れて教育を活性させることを意味しています。

具体的にはICT環境整備事業において、全国の小中学校にデジタルテレビ、パソコン、校内LANなどの設備機器が導入されました。

パソコンはもちろんのこと、電子黒板やプレゼンテーションソフトを活用することで、グラフや資料を効果的に利用し授業の効率化を図っています。

lapps

小中学校でも実施されているICT教育の意義

ICT教育はインターネットが現代社会でも様々なシーンでも活用されていることにちなんで、それを若い世代から親しみ、学習することが出来たり教育されたりする場を提供するものです。

その意義は、子どもの創造性にも訴えかけたり、便利な社会になったことを体感できる場としても意義があります。

将来的にも発展する可能性もある分野であり、また現在、多くの産業がその恩恵を受けていることからも若い世代から教育を受けておくことは重要です。

小中学校で実施されているICT教育では、ICT機器の使い方や活用の仕方等を主に学習することができます。

lapps

ICT教育に関するレポート

ICT教育ってご存知ですか?

簡単に言えば、教育のデジタル化と言った感じです。

近年、社会全体で、コンピューターが急速に普及しました。それは、教育の現場でも例外ではなく、コンピューターを活用した教育のデジタル化が進んでいます。

それを裏付ける気になるレポートがあります。教育担当者216名を対象に自作教材を使ったことがありますか?というアンケート調査を行った結果、なんと86%の人が自作教材を使ったことがある。と回答、

さらにどういったツールを使用して、自作教材を作成したのか?という問いには、ワープロ、表計算ソフト、プレゼンソフトという順に使用され、ICT教育の普及が加速している実体が確認されたのです

lapps

ICT教育化することで子供の学習意識が上昇

ICT教育化が進んでいます。

ICTとは、インフォメーション、コミュニケーション、テクノロジーの略であり主にどんなことをするかと言うと、電子黒板やタブレットを授業に取り入れた指導を指します。

メリットですが、電子機械を使うと子供の吸収率が高くなると言う調査結果もあり、また積極的に参加する子供が増えると言った傾向もあること、さらに情報の更新がスムーズなので、リアルタイムで学習することができると言った効果があります。

lapps

ICT教育のデメリット

今や社会のIT化は、目まぐるしい進化を遂げてきています。

スマートフォンが普及され、さらにはタブレットやタッチ式のパソコンが社会でも当たり前のようになっています。

ICT教育は、授業にタブレットを導入してペーパーレスとなり授業がスムーズに進むメリットがあります。

一方、デメリットととしては、教育の格差と初期費用の投資が掛かることです。

一人一人にタブレットを配るために、高額な初期投資が必要となります。

また、便利なタブレットを使用するために、字を書く習慣がなくなり書けなくなるという事も考えられます。

lapps

ICT教育とはどういったものなのだろうか。

ICT教育をご存知でしょうか。

IT教育のことなのですが、昔からある黒板での授業と違い教師や児童、生徒に一人一人タブレットが渡されデジタル教科書の機能や、インターネットへの接続もできるようになります。

それには、周辺のICT環境を整えなければなりませんがそこまで難しいものではなさそうです。

新しい時代の教育が少しずつ始まっていきますがこのICT授業を受けた子供たちが、将来どういった活躍をしてくれるのか今からとても楽しみです。

lapps

タブレットパソコンを使うICT教育とは

ICT教育と言われても聞きなれない方が多いと思いますが、簡単に説明しますとこれは教育にタブレットパソコンなどの情報機器を活用するというものです。

イメージとしては教科書やノートの代わりに生徒がタブレットパソコンを使い、また黒板やホワイトボードの代わりにプロジェクターや電子ボードなどを使う事を想像していただければわかりやすいでしょう。

時代の流れ、と言えるかもしれませんがこれからの社会ではパソコン技術は必要不可欠なものです。

lapps

ICT教育用に開発されたソフトウェア

ICT教育が盛んに行われるようになったのはここ数年のことです。

そうした教育環境を支援するために開発されたソフトウェアが、様々な会社から販売されています。

こういったソフトウェアには、従来は紙で行っていた教室の管理をデジタル化したり、生徒たちに配布する資料をデジタル化して、それらを統合管理するシステムが組み込まれています。

また、ソフトウェアを活用する事によって、生徒が利用する情報端末の一括管理も可能となり、教育現場において効率化が図られています。

lapps

ICT教育に関わる分野のセミナー

現在、数多くの学校でICT化が進められており、ICT教育と呼ばれる新しい分野の教育が盛んに行われています。

新しいといっても、従来はアナログで行われていた内容をデジタル化して、より教育効率を高めている分野も多くあります。

そういった教育に対応できる指導者を養成するために数多くのセミナーが全国で開催されています。

ICTについて基礎から学べるセミナーはもちろんですが、機器を活用した実践的なものも行われており、教育者が選べるように企画されています。

lapps