反転授業は従来の講義からはじまる授業とは異なります。

By | 2014年6月6日

反転授業では、学生がまず自宅で自習をし、授業時間には自習で得た知識を使って問題を解きます。

教師は、学生が問題を解いているのを見てまわり、それぞれの理解度に応じた個別指導をします。

従来のような、全体に向けた講義は行いません。

講義で得た知識を使って、家で宿題として問題を解くという学習方法とは、反転したものになっています。

自習には、主に動画が用いられます。

インターネット環境やタブレット端末の普及も大きく影響しています。

lapps