小中学校でも実施されているICT教育の意義

By | 2014年6月20日

ICT教育はインターネットが現代社会でも様々なシーンでも活用されていることにちなんで、それを若い世代から親しみ、学習することが出来たり教育されたりする場を提供するものです。

その意義は、子どもの創造性にも訴えかけたり、便利な社会になったことを体感できる場としても意義があります。

将来的にも発展する可能性もある分野であり、また現在、多くの産業がその恩恵を受けていることからも若い世代から教育を受けておくことは重要です。

小中学校で実施されているICT教育では、ICT機器の使い方や活用の仕方等を主に学習することができます。

lapps