kobo Touch、iPad(アイパッド)などタブレット使用した学習方法

By | 2013年9月25日

今後のICT教育においてkoboTouchiPadといったタブレット型端末を活用する学習方法はどんどん広まっていくと予想されます。

タブレット端末の大きなメリットは、画面に直接触れることで感覚的に操作することができる使いやすさと、パソコンと変わらないくらいの性能を誇ることから幅広い分野で活用することができるという点があげられます。

タブレット端末を使ったいわゆるデジタル学習と以前から活用されている紙を使った学習とで大きく違う点は、静的な感覚で学習するか動的な感覚で学習するかという違いがあります。

デジタル学習の場合は映像として動きがあるものや音声を教材として活用することによって学習意欲を向上させる効果が期待できるといえるのです。

勉強をしているというよりも、どちらかというと視覚的にも楽しみながら学習を進めることができるというメリットもあります。

そういった意味でもタブレット端末を活用したICT教育はこれからも大いに期待できるといえるかもしれません。

タブレットを使うことによって色々なジャンルの学習方法を実践することができます。

無料から格安な費用で提供されている教材アプリを活用することで自分に合った学習を進めることがとても重要です。

Lapps では他にもICT教育に必要な情報を紹介していますので是非参考にしてください。

lapps