ハローキティの絵本アプリ(スマートフォン、タブレット向け)について

By | 2014年1月3日

ハローキティの絵本アプリとは、スマートフォンタブレット端末向けの知育絵本で、電子書籍としてアプリで閲覧することができるサービスです。

このハローキティの絵本アプリは2歳から4歳頃までの幼児が対象で、サンリオの大人気キャラクターであるキティーたちキャラクターと共に家族の絆をテーマして数学や英語から生活習慣などについて学ぶことができる教材となります。

絵本自体はすでに販売されているのですが、収録されているのはしつけえほんが3冊でミニえほんが5冊の合計で8冊となり、端末についてはiOS4.0・5.0対応で、iPhone3GS・iPhone4・iPhone4S・iPhone5・iPad・iPad2・iPadなどで利用できます。

アプリ機能としては・動画再生と停止・1コマ送りと戻し・一時停止と解除・お子様による購入防止表示などと様々盛り込まれており、音声や音楽はならないのですがこれまでの実物の絵本を見るのと同様の感覚で内容を見ることができます。

一般的にキティーといえば女子向けという印象もありますが、対象年齢が2歳から4歳頃までとかなり低いということもありますので、男女共に楽しみながら学ぶことができます。

Lapps(ICT教育ツール検索サイト) では他にもICT教育に必要な情報を紹介していますので是非参考にしてください。

lapps