反転授業の有効性(社会人教育)

By | 2014年3月30日

反転学習をするのは、社会人にも反転授業の有効性が高いので行われています。

社会人が研修をしても成果が出ない場合は、研修内容を現場で実践する時には、忘れてしまうからです。

研修の時には、身になったつもりでも現場で実践するまでは、身についていないということです。

そういった問題をなくすために、反転授業が効果的といわれています。

まず最初に知識やノウハウを学び、集合研修などで演習とフィードバックを繰り返し行い、現場で実践するときに忘れてしまわないように、全員が身につくようになるまで繰り返します。

これによって従来の集合研修よりも効果が上がるといわれています。

このような反転教育は、高い成果を上げているので、取り入れるところも増えています。

学習したとしても、実践の場で生かせるものではないと企業側としても意味がないので、確実に実践の場に生かせる反転授業は、注目度もどんどん上がっています。

反転授業は、人材に対する投資対効果を最大化する方法なのです。

反転授業・MOOC・edtech等のICT教育に関する記事はこちら

lapps