edtech(エドテック)の意味と事例

By | 2014年4月18日

「edtech」は「Education」プラス「Techbology」の意味した造語です。

意味するものは、世の中に広くいきわたったパソコンやスマートフォンなどの情報技術を活用して、新しい教育的なサービスを提供するをするということです。

edtechによって、質の高い大学教授の講義、様々な習い事や趣味の講座、ITにおけるプログラミングの講義などをインターネットを介して学ぶことができるようになります。

現在日本国内で普及しているものとしては、オンライン英会話があります。

インターネットをかいして自分の都合のよい時間帯に世界中のどこから、いつでも英会話を学ぶことが出来ます。

「エドテック」産業は、アメリカを中心として、市場は、拡大しつつあります。

「エドテック」に取り組む企業はマネタイズが一つの大きな課題ですが、中にはユーザーから一定の金額をとり、事業として成立させている企業もあります。

受ける側も、学校などに通わなくても高度な内容を都合のいい時間に学ぶことが出来ることになり、それは、時間の有効活用にもつながるため、今後ますます発展していく可能性がある分野と言えます。

lapps