ICT教育の歴史とこれから

By | 2014年5月8日

ICT教育のICTとは、Information and Communication Technology の略です。

日本語では、情報通信技術と訳されます。

例えば、パソコンやタブレット電子黒板、DVD動画などを用いて授業の効率化を促進するという教育の仕方です。

ICT教育の歴史は、2005年に文部科学省が公立学校にパソコンやテレビを導入し、ICT環境整備事業を展開しています。

現在では、ICT教育を行ったモデル校の多くの生徒の学習意欲や学力の向上があったという結果があります。

lapps