総務省、文科省が推奨するICT教育

By | 2014年5月18日

総務省はICTつまり、情報処理、情報通信であるコンピューターやインターネット技術など教育の情報化は世界最高水準のICT国家実現の基盤となるものだとしてICT教育を奨めています。

早い段階からICTに親しみ、情報活用能力を向上させ、あらゆるものにコンピューターやICが埋め込まれ情報やサービスを利用できるユビキタスネット社会の実現に向け、子供たちにICT教育を奨め、21世紀型の新しい社会のためを構築するための教育なのです。

また、文科省が作成している学習指導要領では、「それぞれの情報手段の特性を理解し、指導の効果を高めるために絶えず研究することが求められる」との記述があります。

指導の効果を高めるためICTの活用や研修を行う場合には、ICTを使うことによりどのようにわかりやすく指導することができるか明らかにすることが重要であるといえます。

lapps