文部科学省が進めるICT教育の問題点

By | 2014年5月19日

文部科学省は、21世紀に相応しい教育として、ICT教育の普及に力を入れています。

試験的なICT教育の実践では、一定の学力の向上が、結果として現れていると言います。

その一方で、小さい子供たちの親御さんからは、早すぎるICT教育を懸念する声も高まっています。

小学校低学年から、子供達を機械の環境に入らせてしまって良いのかという心配も出ています。

ICT教育を進めていくためには、こうした問題を解決する必要があります。

lapps