反転授業に対しての文部科学省

By | 2014年5月16日

反転授業の導入に関しては、情報通信技術の活用が不可欠になってきます。

文部科学省は2011年に「教育の情報ビジョン化」の中で情報通信技術を導入することで、今までの従来の教え方であった一斉学習だけでなく、個別学習や協働学習ができりょうになり2020年には21世紀にふさわしい学びを学校がする手助けをうたっています。

ただ、情報通信機器の整備に、無償の地方公共団体もあれば、有償のところもあり、一斉導入には、まだまだ課題があります。

lapps